野球のユニフォームの泥汚れ落としには洗濯の秘訣があった、その方法と洗剤のご紹介

公開日: 


・野球のユニフォームの泥汚れの性質?特徴

汚れは3種類に別れるようです。

・汗や塩分などの水溶性の汚れ
・皮脂や植物油・鉱物油などの油溶性の汚れ
・泥・煤煙・ほこりなどの不溶性の汚れ

汚れに合わせた落としかたがあるわけで、
泥は”不溶性”ですから、泥汚れは、繊維にくっついたり、繊維の間に細かい砂や土が入り込んでいる、繊維の奥に潜り込んでいるという状態なので、払いおとしたり引っ張り出さなければ、落ちません。

細かい粒が繊維に挟まっているだけなので、水に溶けることはないので洗剤で汚れを浮かせることもできません。

その細かい泥土は、繊維の間から掻き出すという考え方が一番合っているようです。

泥汚れの特徴に合わせた洗濯の順番

  ↓
 
泥汚れのユニフォームを洗濯機で洗濯する前に下処理をすること。

泥汚れは乾かして乾燥させた方が、ブラシで払い落としやすいです。
泥汚れが固まっている部分を、乾いている状態でブラシで払いおとします。
汚れの部分に、乾いた状態で洗剤をつけてこすってから、洗濯機で洗濯します。

洗濯する前に、泥を乾かしてから、泥をブラッシングして落としましょう。
泥が一杯着いている状態で、いきなりそのまま洗ったら、かえってどろ汚れが繊維の奥にしみこんで落ちにくくなります。
そうならないよう、「乾いた状態でのブラッシング」がとても大事なポイントになります。

どろ汚れがキツイ箇所を、丁寧にブラッシングしたり、手で揉んである程度泥を払い落としてから、
お風呂に入る時の温度くらいのお湯で、ケイ酸塩入りの洗濯用固形石鹸を、できるだけ盛大に泡立てて洗いましょう。

冷たい水で洗ったり、石鹸の泡立ちが少ない状態では、汚れはきちんと落ちません。
その上で、洗濯ブラシを使って擦り洗い、繊維の奥に潜り込んでいる泥土を引っ張り出して落とします。。

泥汚れに浸け置き洗いをしても、泥は不溶性ですから、どんなに長く浸け置きしても、皮脂などと違って汚れが”溶けない”ので、泥汚れを落とすことはできません。

皮脂や蛋白汚れには、漬けおき洗いは効果が高いあるのですが、泥は”不溶性”ですから、泥汚れは、繊維にくっついたり、繊維の奥に潜り込んでいるという状態なので、払いおとしたり引っ張り出さなければ、落ちません。

スポンサードリンク

ですから、ケイ酸塩洗濯用固形石鹸とお湯で、泡をたっぷり立てて揉み洗いし、あわあわになったところで、洗濯ブラシでサッサッと繊維の奥から掻き出すように洗ってください。
いつまでもしつこく布をゴシゴシ揉み合わせるよりも、ブラシを使って掻き出した方が、ずっと省力的でかつ効率よく汚れを落とすことができ、しかも布の痛みが少ないです。
できるだけ生地の織り目に沿うように、ブラシの毛先を寝させない程度の軽い力で、往復ではなく、一方向だけに向けてブラシを動かすのが、コツです。

裏技
「ささら」という中華鍋を洗うのに使う道具がよく落ちます。
それから、500mlのペットボトルを最後に2本入れて(洗濯物の上に載せる感じ)洗濯すると洗濯物の絡み具合が違うのか、汚れが落ちます。

・泥汚れがよく落ちる洗剤と石鹸
洗濯機に入れる前の下洗いに使う石鹸は、「ウタマロ」と横須賀刑務所で作っているブルースティックと言う洗剤が泥んこ汚れ(ユニホーム、靴下など)に最適と評判がいいです。

洗濯機に使う洗剤は、
「泥スッキリ303」」
泥汚れ洗濯に悩むお母様方から黄ばみや泥ジミが残る、夏場の汗の臭いが取れると「泥汚れ専用洗剤人気商品」として野球、サッカー、ラグビーなどのユニフォームや衣類に付いた、汗のツンとくる臭いやひどい泥汚れやシミをより白くキレイにお洗濯する方に多く利用されています。
ベージュ・アイボリー・グレー・水色・ストライプ等の色落ちは心配ないようですが、色の濃いユニフォームに関しては染色した時の状態が分からないので、あらかじめ目立たない箇所でテストしてから使ったほうがよさそうです。

乾いた泥汚れをブラシや手で揉んで落としておきます。

一旦ユニフォーム、衣類が全部入るバケツにお湯と洗剤を入れて、1時間ぐらい浸け置きをしまあす。

水だけで洗濯するよりも、40℃~42℃位のお湯で洗剤を溶かし、洗濯をする方が、泥汚れも落ちやすくなり、経済的です。

泥で汚れた衣類をそのまま洗濯機で洗濯をすると、洗濯機の底に泥が残り、洗濯機が故障したり、壊れるなど、破損する恐れがあります。
あらかじめ泥をブラシや手で揉んで落としてから洗濯機で洗うと、トラブル防止や、洗剤の節約になります。

「泥スッキリ」は泥汚れ専用洗剤ですから、ひどい泥汚れに大変効果を発揮する洗剤のため、通学用靴下、体操服、砂ぼこりなどで汚れた物のお洗濯には効果的だと思われます。

でも、色物シャツ・色物のアンダーウェアーと一緒に洗濯すると、色移りする心配もありますので、濃い色の衣類は別に洗うほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑