主婦湿疹は正しい処置の仕方で治る!綺麗な手を取り戻すケアのしかた


主婦湿疹は正しい処置の仕方で治そう!綺麗な手を取り戻すケアのしかた

 

主婦湿疹とは

主婦は、毎日の水仕事を強いられるため、肌荒れがひどくなって湿疹が発症します。
水仕事を繰り返す毎日が、手の皮脂や確執を落とすことになり、肌を外部の刺激から守ってくれるはずのバリア機能が低下することになり
肌がちょっとした刺激にも敏感に反応するようになってしまうのが特徴なので、手以外には症状がみられないのです。

主婦湿疹の原因は

炊事や洗濯・掃除などで、毎日のように水を使う回数が多いので、皮脂が奪われてしまうことになり、
結果として手の肌が敏感になり、発症率も自然と高くなります。

水を多く使うのと同じく、炊事、洗濯、掃除には、洗剤を使うことが多く、手が洗剤に負けることが原因のひとつとしてあげられます。
また洗剤だけではなく、ゴム製品や紙製品、場合によっては布が原因になることもあります。

それから、アレルギー体質・アトピーや敏感肌の体質の方は、そうではない人と比べると肌のバリア機能が低いので、主婦湿疹の発症率が高くなり、いつ発症してもおかしくない原因、症状を持っているわけです。

それゆえに、手のバリア機能ができるだけ低下しないように、予防することに努めるしかないと思います。

主婦湿疹の症状

主婦湿疹の症状は、乾燥型と湿潤型に別れます。

肌に潤いがなくなり、皮膚が固くなって、指関節を動かすとひび割れなどが起きるのが乾燥型。
よく「パックリ割れた」などと言いますが、皮膚が裂けて血がにじんだり、かゆみを伴う事も結構あります。

湿潤型は、水ぶくれができるのですが、水ぶくれが破れると、その後がかさぶたになります。
かさぶたができた同じ場所で、炎症が繰り返されるのですが、徐々に他の場所に広がる可能性もあります。
これ以上広げないためには、できるだけ早く医療機関を受診して適切な水ぶくれの治療を受ける事です。

主婦湿疹の治し方・ケアのしかた

1:乾燥した手には保湿剤による治療をしますが、市販されている保湿剤では、「ワセリン」が一番評判がいいようです。

市販されている保湿材の中には、乾燥した手に刺激が強い物が入っていることもあり、しみることもありますので内容を確認して購入しましょう。
また乾燥型には、かゆみが伴う事も多くあります。
こんなときは、炎症を抑えることが必要ですから、皮膚科にいって適切な薬を処方していただくことをお勧めします。
また、保湿成分の入った入浴剤も効果が期待できます。

スポンサードリンク

湿潤型にはステロド剤で治療する
炎症がおきている部分には、ステロイド軟膏が効果があります。。

ステロイド軟膏は、副作用が怖いという評判もあり、心配されるようですが、医師の指示に従って、使い方を守って使う分には問題ないですし、医師や薬剤師にまめに、使用頻度などを指導してもらいながら使うことをおすすめします。

日常の生活改善に務める

薬物療法と平行して、主婦湿疹の原因となっているかもしれない、普段の生活の改善をしましょう。
大切な事は、何が原因で湿疹が起こっているのかを知ることです。

わかったら、湿疹が軽くなるように原因になっていることを改善していきます。
私も主婦ですし、主婦湿疹とまではいきませんが、手が乾燥しやすいタイプですから、自身の生活と照らし合わせながら想像してみました。

水を使う・水に手が触れることをできるだけ減らすことを、工夫したほうが良いわけですが
・食器洗いは、油汚れを拭き取った後に、5分でもつけ置きしておいてから洗うと、汚れ落としが楽になります。
・ゴム手袋を使うときは、うすい木綿の手袋をしてからゴム手袋をするとゴムに負けることが防げます。

これで、水に手が触れている時間を短くできますが、できることなら食洗機を使うことができれば食器洗いで手が荒れる苦痛はなくなります。

・洗い物はぬるま湯を使うこと。
熱いお湯を使うことは、皮脂膜についた汚れや角質などを落とし過ぎることになり、主婦湿疹の原因をつくる大敵なんです。
なので炊事や洗濯にはお水、またはぬるま湯を使うようにしましょう。

・手に触れるものは低刺激の物にこだわる、それは、洗剤だけではなく化粧品やハンドソープ、シャンプーなども、低刺激、敏感肌用などを選ぶことをオススメします。

・保湿につねに気を使いましょう。
水仕事が済んだらすぐに、ハンドクリームを塗るなど、まめに保湿すると、手が乾燥することを防ぎます。

特に寒い季節には、外出する時には必ず手袋を身につけることを忘れないようにすると、血液の流れが悪くなることを防ぎますし、
寝ている時にも木綿の手袋を着用すると乾燥や刺激から、手を守る事ができます。

忙しいでしょうが、ほんの少し気をつけて生活を改善できると、主婦湿疹の予防になることと思います。
参考になればさいわいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする