こむら返りが起きる原因は?足がつったときの治し方や予防のしかた


こむら返りが起きる原因は?足がつったときの治し方や予防のしかた

夜寝ている時に突然足がつってあまりの激しい痛さ、に目が覚めた、そんな経験をしたことありませんか?
足がつったら、こむら返りが起きたら、足を伸ばす方法が一般的ですが、突然こむら返りが起こった時には誰もが慌ててしまいますよね。

今回は突然起きるこむら返りで、足がつったときの治し方や予防方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

こむら返り、足がつったときの直し方は?

こむら返りが起こる原因は、
1運動不足
2.筋肉量が減ったために疲れている
3.冷えによる血行不良
4.水分不足や、ミネラルの不足
などが主な原因とされています。

こむら返りは、ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)と言う筋肉が異常に収縮して痙攣をおこし、痛いです。

腓腹筋の異常な収縮を防ぐには、つま先をすねのほうに引き上げるようにして、ふくらはぎとアキレス腱をストレッチします。
この時に気をつけることは、「アキレス腱を伸ばす」ことを意識して動かすことです。

人間の足は、アキレス腱が縮むとふくらはぎの筋肉が伸び、アキレス腱が伸びるとふくらはぎの筋肉が縮むようになっているので、アキレスアキレス腱を意識して伸ばすことでこむら返りを直すことができるのです

就寝中にこむら返りが起こったらどうするの?

夜中の突然の痛みにびっくりして、あわてることと思いますが、できるだけゆっくりと、足のつま先をすねのほうに引き上げるようにして、ふくらはぎとアキレス腱をストレッチします。
アキレス腱を伸ばしたら、ゆっくりと元に戻します。これを痛みがなくなるまで続けましょう。

立って歩く、という人もいましたが、アキレス腱に傷を負うかもしれませんので、無理はしないことです。

アキレス腱を伸ばすようにゆっくりと、意識しながらやりましょう。

こむら返りが収まったら、ふくらはぎの筋肉をての平で、なでるようにやさしくマッサージすると早く痛みが軽くなります。
それにふくらはぎを蒸しタオルなどで温めてあげるのも、筋肉が硬くなってこわばっているのを和らげることができますから、早く楽になります。

こむら返りを予防する対処法は?

普段からふくらはぎやアキレス腱のストレッチをするだけでも、こむら返りの対処法としては効果的があります。

それから、お風呂の湯船にゆっくりとつかりながら、ふくらはぎをなでるように足の方から、膝の裏のあたりまでマッサージをするのも効果があります。

スポンサードリンク

お風呂上がりにストレッチをするなど筋肉の緊張をゆっくりとほぐすことを週間にするだけでも、こむら返りが起こる事を抑えることができます。

足がつる症状を慢性化させないためには、予防策が大切です。人によって症状が起こる条件が異なるので、自分に合った方法を試してみましょう。

1・フットケアをする

運動をしている人も、運動をしていない人も、普通に生活するだけでも筋肉疲労は蓄積されるわけです。
筋肉疲労の解消をするために、夜にフットケアをしましょう。

床に座って片膝を立てます。片膝を立てたほうの足のふくらはぎに、手のひらを添えて、アキレス腱の付近・下のほうから上に向かって膝の裏あたりまで、軽くもみます。

強くもむと、筋繊維を傷めやすいので、手のひらを滑らせるように優しくもみます。
最近は、ふくらはぎ専用のマッサージャーもありますから、電動のマッサージャーを使うと、両足を一緒に均等にもむことができますし、楽に気持ちよくできるかもしれません。。

2.スクワット(屈伸)をする

スクワットは、足の筋肉の量を維持するだけでなく、血の流れをよくして疲労回復にも効果があります。
➀ 両足を肩幅くらいに開いて立ちます。
➁ 両手を前に伸ばします。
➂ ゆっくり膝の曲げ伸ばし(屈伸)をします。
(4秒かけて膝を曲げていき、4秒かけて膝を伸ばすと良いみたい)
最初は、できるだけの回数から始めて、少しずつ回数を増やして、朝・筆・晩など数回に分けて、最終的に100回くらいを目標にしましょう。ただ、疲れるのは、逆効果なので、自分の体力に合わせて無理のないようにしましょう。

からだが前に傾くと、腰に負担がかかるので、両腕を心臓の位置くらいで水平を保つようにしましょう。

3・食事、献立を考える

こむら返りはミネラルの不足によることも考えられますから、食事のバランス良く食べることを心がけましょう。
とくに筋肉の動きに関係が深いカルシウムは乳製品や小魚類に、またマグネシウムは大豆製品の豆腐や納豆などに多く含まれています。

足がつることが常習的になっている場合は、サプリメントや漢方薬を試してみるのもいいでしょう。
漢方薬では、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)が筋肉の痙攣性の痛みに効果がありますが、体質によっては、むくみがでることがありますから、高血圧や腎臓病などの治療を受けているなら、必ず担当医に相談しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする