高熱、のどの痛み、せき、おう吐・下痢、目やに(眼脂)、発疹など、夏かぜウイルスによるとみられる
症状や経過があれば、こ夏かぜとしていることが多いようですが、かかってしまったらの対処法は?

夏風邪の原因と症状

夏風邪の原因もウィルス感染ですが、冬にひく風邪とは、ウィルスの種類が違うので、
でる症状が違うし、治し方も違ってきます。

夏風邪を引き起こすウイルスは、高温で湿度の高い環境を好みます。

37.5度くらいの微熱が続く。
喉が痛い、激しい咳がでて頭痛がある。
腹痛がして、下痢ぎみ・・・。

夏風邪の代表的なのがエンテロウイルスとアデノウイルスといって、夏風邪を引くとエンテロウィルスによってお腹を壊したり
アデノウィルスによって喉が痛くなる症状がでやすいのは、これらのウイルスが活発に活動しているためです。

このウイルスに感染すると、咽頭炎や咽頭結膜炎などを併発する事もあるので要注意ですが、ひどくならないように免疫力を上げれば大丈夫でしょう。

冬の風邪と違うのは、鼻水や症状があまりでないのが、特徴。

夏風邪の治し方

夏と冬では風邪を引き起こすウイルスの種類が違います。

間違った対処法をしてしまうと、回復を遅らせてしまうだけではなく、こじらせて別の病気を引き起こす原因にもなりかねません。

夏風邪は、暑い夏の時期に体調不良になることから夏バテと勘違いしやすく、腹痛や下痢でお腹の調子がよくないのにも関わらず
「体力をつけなきゃ」
と無理に食べてしまうと、余計に症状がひどくなってしまいます。

脱水症状になるなど、あまりにも症状が激しい時は診察を受けてお薬を処方してもらったらいいのですが、
夏風邪の場合の腹痛や下痢という症状は、薬を飲んでどうにかしようとは思わない方が回復は早いようです。

スポンサードリンク

それは、腸の中で繁殖したアデノウイルスを早く外に出してしまいたいと、身体が反応して下痢になっているのですから、
下痢を止めてしまったら身体の中からウイルスを排除できなくなり、長引くことになるのです。

疲れやすくお腹の調子がよくないと感じたら、水分を補給しながらぐっすり眠って、体力を回復させるようにしましょう。

できるだけ横になって睡眠をとることによって、免疫力をたかめることに努め、自然に治すことが、夏風邪退散!の一番の近道のようです。

夏は暑いので水分補給をこまめにして、脱水症状にならないように気をつけましょう。
のどが痛い時は、マヌカハニーを食べるというか、舐めると、喉の痛みが和らぎます。

微熱だったり、あまり熱がないようなら、、ぬるめのお風呂に入って汗をかくのも効果的。
身体が温まって、新陳代謝がよくなって、副交換神あ系が優位に働いて免疫力の回復を早めてくれるので、軽い症状の夏風邪なら治るのが早いみたい。

高熱が出たときに、厚い布団にくるまって汗をかくことによって早く治そうとされるかたがおられるようですが、冬の風と違って
夏風邪にはあまり効果が無い、というか逆効果になる可能性があります。

というのは、夏風邪を引き起こす原因になる、エンテロウイルスとアデノウイルスは、高温多湿の環境を好みますから、
体温を上げて汗をかいても、かんたんには引き下がってくれそうにありません。
体力を消耗して免疫力をさらに低下させることになりかねません。

夏風邪には、水分の補給をしっかりして、ぐっすりと眠ることが一番の治療法のようです。

スポンサードリンク