嵐山に観光で来られるかたのほとんどは、渡月橋を挟んで北側の道の旅館や料理屋さんが
並ぶ道を歩かれると思うのですが、嵐山の麓の道、南側の道を、今日は写真に収めて参りましたので、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

まずは、南側の道から見た、渡月橋の写真です。
梅雨が開けたといっても、最近は雨の日がが多かったので、水が多く、濁っています。

水が澄んでくると、雑魚やフナ?などの魚釣りを楽しむ人たちが朝早くからいるんですよ^^。

FullSizeRende724渡月橋r

向かいに料理旅館、「弁慶」さんや「吉兆」さんが見えます。
穏やかな朝を迎えて、おいしい朝ごはんを食べているのかなあ・・・・。

FullSizeRender嵐山南側から

小型の小さな自動車が一台通るのがやっとの細い道です。
今朝は、自転車が結構通ります、昇り下りが結構あるので、運動になります。
ウォーキングの人もいますよ、もみじの葉っぱが太陽の光を遮ってくれますから、涼しいのです。

FullSizeRender嵐山道2

この道の奥には小高い山の上に立つ、「千光寺」さんがあります。
それと、船でいくお宿、星の家さんに続いています。

FullSizeRender嵐山1

そして、連日の雨で、水量たっぷりの湧水が滝となって山から滴り落ちていました^^。
マイナスイオンたっぷり!

スポンサードリンク

FullSizeRender嵐山南側2

青もみじの枝が伸びて、屋根がかかっているようで、とっても涼しいのです。

FullSizeRend2015724嵐1er
北側の旅館街に新しい旅館が加わりました。
以前は、「嵐亭」だったのですが、名前が変わっていました。
嵐山周辺の旅館の口コミはこちら 楽天旅ノート
FullSizeRender嵐山翠嵐

天龍寺の蓮の池です。
もう、満開の時期は過ぎたみたいですが、まだ花が残っています。

FullSizeRende天龍寺はすr

最後に、こんな張り紙をみつけました。
「ギャラリーちはた」さんは、渡月橋から1・2分北側に歩いたところにある「焼き物・器」を主に扱っておられるお店なのですが
作品募集、ということは、器に限らず、自分の作品を発表したい人にいかがでしょうか?
電話番号が書いてありますから、問合わせてみてはいかがでしょうか?
FullSizeRenderちはた

スポンサードリンク