中秋の名月と仲秋の名月の違いは?お月見はいつから?どんなことをするの?


中秋の名月と仲秋の名月の違いは?

中秋と仲秋という2つの漢字の書き方が使われていますが、どう違うのでしょうか?

「中秋の名月」は秋のちょうど真ん中の日の月のことを言います。
中秋という表現は、旧暦8月15日のことだけを指すと決められているのです。
そして、仲秋という表現は、秋の真ん中の月のこと、つまり旧暦の8月全体のことを指すと決められていますから、中秋と仲秋では、意味が全然違うということになります。

本来は旧暦8月15日にお月見をすることを、「中秋の名月」と書き、8月15日の名月という意味になります。

仲秋の名月のことは、明治6年ころまで使われていた、旧暦(きゅうれき)と呼ばれる昔の暦にあります。
旧暦のカレンダーは、のうさ

1月から3月を春、
4月から6月を夏、
7月から9月を秋、
10月から12月を冬
と決められていました。

春夏秋冬の季節の真ん中の月
春の、1・2・3月のうちの2月、
夏の、4・5・6月のうちの5月、
秋の、7・8・9月のうちの8月
冬の、10・11・12月のうちの11月に
仲をつけて別称でも使っていました。

仲春と言えば2月、仲夏と言えば5月、
仲冬と言えば11月のことと
決められていたのです。

そして、秋の7月から9月の中の
7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋
とも呼んでいたわけです。

スポンサードリンク

(お正月の年賀はがき、初春の・・・と書きますよね^^。)

つまり仲秋と書くのは、旧暦の
8月1日から30日までの8月全部の
日にちを指すことになりから
8月中の月、すべてになります。

ということで、中秋の名月は、旧暦の
8月15日だけのお月さまだけを表すとなり、
仲秋の名月は、旧暦、8月1日から30日
までの8月中のお月さまを指すことになり、
それぞれの意味が違うことを覚えてくださいね。

「仲秋の名月」はの日は何をするの?

この「中秋の名月」の習慣は、現在ではおだんごとすすきを供えてお月見をするのが一般的ですが、
地方によっては、豆やいもなどをお供えしたり、早く採れたイネ(早稲)を供えるなど、農作物の収穫と関連した行事が行われています。

これが、もともとの「中秋の名月」の行事だったと考えられています。

特に、月はヨーロッパなど、世界中でもはるか昔から、農作業の守護神として崇められていた傾向があります。

ヨーロッパでは、秋分の日に一番近い満月を「収穫月」と呼び、その後に巡ってくる満月に「狩猟月」と呼んで祝う風習があるそうです。

そんなことから考えても、「中秋の名月」は農作物が無事に実り収穫できたことへの感謝という気持ちがこめられた行事と考えられ、
私も、今年のお月見は、野菜や果物をおいしくいただけることに感謝しながら、お月見したいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする