お彼岸が春と秋にあって、お墓参りに行ってはおりますが、深く考えることなく過ごしておりましたが、お彼岸とはなんぞや?って思ってしらべてみたら、面白かったので、メモメモ残すことにしました。

スポンサードリンク

お彼岸はいつからいつまで何日間あるの?

お彼岸は、3月ほ春彼岸と9月の秋彼岸と、一年のうち2回あります。

それぞれ、春分の日(3月21日頃。その年により変わる)、秋分の日(9月23日頃。その年により変わる)を中日として、春分の日と秋分の日前後の3日を合わせた7日間が彼岸と決められています。
春分の日は、自然を讃え、生物を慈しむ日とされ、秋分の日は、先祖を敬い亡き人を偲ぶ日とされています。

2015年のお彼岸
【 春彼岸 】 
3月18日:彼岸の入り
3月21日:彼岸の中日
(春分の日の祝日)
3月24日:彼岸明け

【 秋彼岸 】 
9月20日:彼岸の入り
9月23日:彼岸の中日
(秋分の日の祝日)
9月26日:彼岸明け

お彼岸の意味と由来は?

日本では古くから、お正月には神社に初詣でをする、などの神道にまつわる行事を行う一方、仏教を説いた釈迦の教えも受け入れてきました。

お彼岸は、極楽浄土に渡ることができますように、とお日さまに願いをする仏教の教えが、日本の太陽の神を信仰する神道とも、結びつきやすかったという説もあります。

お彼岸は、古代インドからシルクロードを得て、伝わってきたとされています。

彼岸とは、「彼の岸」のこと、すなわち「悟り、涅槃の境地」の意味。

煩悩と迷いに満ち溢れた世界で、生きて生活している私たちは、「此岸しがん」から、悟りの世界の「彼岸」へ到達するために、「六波羅蜜」の修行を行なわなければいけない。

春と秋のお彼岸の七日間は、その「六波羅蜜」の修行をするための期間でもあるのです。

※六波羅蜜(ろくはらみつ)とは
・布施(ふせ)  
 見返りを求めずに、応分の施しを
 させていただく事

スポンサードリンク

・持戒(じかい) 
 高度な常識を持って、常に自分を
 戒めて生活する事

・忍辱(にんにく)
 どんな苦痛や辱めにも耐え忍び、
 他の存在に生かされていることに
 気づくこと

・精進(しょうじん)
 時間を無駄にすることなく
 日々最善を尽くすこと。

・禅定(ぜんじょう)
 冷静に第三者の視点で自分自身を
 見つめること。

・智慧(ちえ)   
 我々は本来仏様の智慧を頂戴して
 この世に生をうけていること
 知ること。

の六つの修行を実践することによって、かたよらない中道を歩み、此の岸から彼に岸へ渡ることができる自分になることができるとされます。

日本でお彼岸が行われた歴史は古く、平安時代から行われていたとされています。

古い記録では、崇道天皇(早良親王)の供養の為に諸国の国分寺の僧を集め、法要をしたことが記され、これが彼岸のはじまりとする説もあり、いつしか民衆にも広く伝わり、風習として定着して今日に至ります。

また、春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りがご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、お彼岸は大切な行事となりました。

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?

昼と夜の時間が同じになる春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈みます。
極楽浄土が、西の彼方にあると信じられていたため、沈んでゆく太陽を礼拝すると、はるかかなたにある極楽浄土に生まれ変わることができる、と願ったのが、お彼岸の始まりとされています。

春分の日と秋分の日に太陽を拝んで極楽浄土へいけるように願うという仏教の教えが、
日本に伝わってきて、日本のお墓参りの風習と仏教が結びつき、お彼岸にお墓参りをする習慣になったのです。

太陽が真東から出て真西に沈む日は特にその想いが強く感じられ、亡くなられたご先祖さまとの距離も一番近く感じられる日でもあり、ご先祖様を想い、お墓参りをすることに繋がったのです。

スポンサードリンク