手足口病はなぜ起きるの?どんな症状がでるの?どうやって治すの?


手足口病の流行の兆しがあるようです。感染への警報が必要ということで原因や症状、治療のしかたはどうするの?と疑問だらけのおかあさんのお役にたちますように・・・。

スポンサードリンク

手足口病はなぜ起きるの?

ウィルスの感染によって起きる病気で5歳以下の、乳幼児がかかりやすいのが特徴。

病気の原因になるウィルスは、エンテロウイルスやコクサッキーウィルスといって、じめじめした夏場に活発なウィルスが原因です。

その時期や地域によって流行するウィルスの種類や型が違ってきますが、いずれも同じような症状がでます。

ウィルスはくしゃみなどでつばが飛んだり、皮膚の接触によって感染しますが、タオルの共有などによる場合が多く、くしゃみやウィルスがついたタオルなどから口に入り、口の奥にある扁桃(へんとう)やお腹の中の腸管(ちょうかん)で増殖します。

3~5日間くらい潜伏期間をおいて発症しますが、3~7日くらいで症状がなくなった後も2習慣ほどは、ウィルスが腸管に残っています。

乳幼児の便から排せつされると、おむつ交換などで大人が二次感染することもあります。

手足口病の症状は?

手足口病はのウィルスは血液によって運ばれ、手のひらや足の裏、口の中などに直径2~3㍉の水ぶくれや発疹ができ、37度から38度くらいの熱で、高熱とは限らず人によっては微熱ですむ人もいます。

口の中に発疹ができることから、のどの痛みや食欲が低下することもあります。

yjimage手足口病

多くは3~7日くらい、数日で治りますが、エンテロウィルス71という型のウィルスに感染すると、人によっては高熱が出たり、吐き気や頭痛がひどくてぐったりするなどの症状がでることがあります。

スポンサードリンク

髄膜炎や脳炎などの重い合併症を引き起こして命にかかわることにもなりかねませんので、
エンテロウィルス71という型のウィルスが流行しているときは、ウィルスの型を確認するなど、特に注意しなければなりません。

手足口病はどうやって治すの?

有効なワクチンや予防薬はないので、手洗いやうがいなどを丁寧に徹底して経過をみることしかできないので、感染を防ぐ以外にありませんから、手洗いやうがいを徹底してやりましょう。

基本的には、軽く済む傾向の病気ですから、経過観察して、脱水症状にならないように水分補給を充分におこないます。
口内にできた発疹が痛くて、食欲がない時は、口当たりの良くてのどごしの良いもん、プリンやゼリー、ジュースなど、とにかく喜んで食べるものを与えて、乗り切りましょう。

ただ、高熱が出るなどの合併症につながるような症状がみえた時は、お医者さんに見てもらったほうがいいです。

夜間や休日に病院の診察を受けたほうがいいかどうか、判断に迷った時は医師や看護師による救急電話相談を利用することも検討されてはいかがでしょうか?

休日・夜間の小児科救急電話相談連絡先

大阪府
電話:06-6765-3650
時間:午後8時~翌日の午前8時

兵庫県
電話:078-731-8899
時間:午後6時~午前10時
(日祝日は午前9時)

京都府
電話:075-661-5596
時間:午後7時~午前8時
   土曜:午後3時~午前8時

奈良県
電話:0742-20-8119
時間:午後6時~午前8時
   土曜:午後1時~午前8時

滋賀県
電話:077-524-7856
時間:午後6時~午前8時
日祝日:午前9時まで

和歌山県
電話:073-431-8000
時間:午後7時~午後11時
土日祝日:午後7時~午前9時)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする