祇園祭の宵山の日に、子供から大人まで楽しめるけん玉のレッスンと、けん玉パフォーマンスと、線香花火大会が開催され、無料で参加することができますので、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

けん玉のパフォーマンス

祇園祭の宵山の山鉾が立ち並ぶ一角にある、千總ビル前で行われるイベント「千總の夏祭り」でけん玉の第一人者であるKENDAMANこと河本伸明氏によるけん玉の魅力と奥深さを感じる瞬間を楽しみましょう。

けん玉界の王者、KENDAMANだからこそ成せる技を間近でみることができます。また、KENDAMANからのミッションに挑戦する参加型イベントもあるそうです。(※予約不要)

日時 :7月15日(水)18:30~19:30
場所 :千總ビル2階 SOHYA TAS
参加費:無料

線香花火大会

今年で5年目になる千總の線香花火大会イベント。期間内は同社が「筒井時正玩具花火製造所(福岡県みやま市)」に依頼したオリジナルの線香花火を楽しむことができる線香花火大会。
皆さん肩を寄せ合い、ロウソクを囲んで、笑顔が尽きません。

国産の線香花火は持ちがよく、目まぐるしく表情を変え、儚く消えゆく線香花火。

スポンサードリンク

その燃え方には段階ごとに名前がついていて、
『ぼたん』『松葉』から『柳』『ちり菊』と花火の形の変化を楽しむことができます。

t02200330_0367055012602937262松葉

線香花火をじっと見つめることで、自然に人と人の距離が近くなることから、「縁が結ばれていきますように」と祈りを込めて清水寺(東山区)に祈祷を依頼。
「祇園祭の線香花火で、ぜひ大切な人との縁をつないでもらえたら」と千總さんの担当者さんの声・・・。

http://sohya-tas.com/shop/2014/07/

祇園祭の宵宵山、宵山となる7月15日・16日は同店の前で18時~21時、無料で線香花火が楽しめる「千總の線香花火大会」が開かれる予定。先着順に配られるそうですから
早い目にいきましょう。
今ではごく少数しかつくることの出来ない手づくりの国産線香花火を、千總ビル前でお楽しみいただくことができます。

開催日:7月15日(水)・16日(木) 18時~21時

スポンサードリンク