桃の効能 おいしい食べ方 桃の由来


「桃栗三年柿八年」
(ももくりさんねんかきはちねん)ということわざがあります。

発芽してから、実をつけて食べられるようになるまで、
桃や栗は3年、柿は8年かかることを例えて、
物事を成し遂げるには時間がかかることを教える
諺(ことわざ)です。

yjimageもも3

桃のことを英語でピーチ、と呼ばれ、その昔、原産国の中国から
シルクロードを渡ってギリシャやローマに伝えられました。

アメリカ大陸には、17世紀に伝わったそうですし、
日本の桃の産地で有名な、岡山県には、明治8年に中国から
「天津水蜜」、「上海水蜜」が導入されたそうです。

昔は、「毛毛(もも)」といわれ、
毛がいっぱい生えた硬い果肉だったそうです。

たくさんの実がなることから、豊穣(ほうじょう)の
象徴とされ、古くから魔よけや不老不死の仙果として
重宝されてきました。

夢のような幸せに暮らせる場所として、「桃源郷」という
言葉をつかいますが、その語源は、中国の漁師が
迷い込んだ桃の花が咲き乱れる仙境
(俗界を離れた清浄な土地)に由来します。

スポンサードリンク

漁師が、もう一度行きたいと思って探しても、
どこにも見つからなかったそうですが、
西洋にも、「ユートピア」という
「どこにもない場所」を指す言葉があるのは、
「理想郷」は常に求められている、ということを
示唆しているのかもしれません。

桃には身体を元気にしてくれる栄要素が
たくさん含まれています。

おいしい果肉には老化防止の働きがあり、
葉はあせもや湿疹に効果があるとして、
あせもローションなどがあります。

また、種は血液の循環を良くする作用があり、
月経量が少ないなど の月経時の血液の悩みや、
便秘を解消する効果などがあるそうです。

桃の花は利尿剤、 むくみの解消、便通改善、
さらには女性ホルモン活性化などに効果があるとされます。

桃ってすごい!

6月下旬から8月にかけて屋根の無いところで
栽培された露地物が出回る季節になります。

image.桃1jpg

柔らかさが好みの固さになるまで日陰に保存しておいて、
食べる直前に冷蔵庫で冷やすのが、美味しく食べるコツです。

瑞々しくて、甘い桃、大好きです^^。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする