太平山神社は神様のデパート?

「全ての神々この山に有り全ての御神徳この山より始まる」
と言われるパワースポットです。本堂前には御神石(撫で石)があり、
この石を撫でることにより災厄を祓い、
霊験を得るという信仰があります。

スポンサードリンク

手水舎で身を清め御神石を撫でた後、
本堂に参拝するのが太平山神社の参拝順序です。

yjimage大平さん神社4

大平山神社は、栃木県の南部に位置する栃木市に、
標高340mの小さな山、大平山があり、
約1,000段ある長い表参道の石段を
登ったところに太平山神社があります。

827年、慈覚大師(円仁)により創建され、
武門をはじめ多くの人から信仰され、
大平山神社には42社60余の神々が祭られ、

本殿に祭られているのは
天照皇大御神、豊受姫大神、瓊瓊杵命!!

yjimage太平山神社1

第53代淳和天皇の御代、風水害や疫病で
人々が苦しむさまに御心を痛められ、
「下野国(今の栃木県)の霊峰三輪山に
 天下太平を祈る社を造営せよ」
との詔を賜り、日の神であり太陽のように命を育む、
天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)

月のように人々に安らぎを与える、
豊受姫大神(とようけひめのおおかみ、

星のように人生の道案内をしてくださ、
瓊瓊杵命(ににぎのみこと、

この「日・月・星」の御神徳をあらわす
三座の神様をお祀りするために
太平山神社を造営されたと伝えられています。

本殿の隣には「交通安全神社」。
祭られているのは、猿田彦命(さるたひこのみこと)。
「交通安全神社」という名前の神社は全国でも珍しく、
その名の通り「交通安全」に非常に霊験あらたかな神社です。

「福神社」は、
天之受売命(あめのうずめのみこと)、
恵比須神(えびすのかみ)、
大国主命(おおくにぬしのみこと)
をお祭りしています。

天之受売命は主に芸能の神様。
恵比須神は生産・販売など商売繁盛の御利益。
大国主命は、経営・医薬・開拓・縁結び・五穀豊作を
お守りしています。

「蛇神社」金運守護にご利益がある
磐裂根裂神(いわさくねさくのかみ)、
天之加々背男命(あめのかがせおのみこと)、
天海水木土火金地・「星神社」、

スポンサードリンク

天之加々背男命(あめのかがせおのみこと)、
天海水木土火金地などの森羅万象の神々が
42社60余の神々を祭られています。

本堂前には御神石(撫で石)があり、
この石を撫でることにより災厄を祓い、
霊験を得るという信仰があります。

事前にお願いごとに叶う、ご利益がある神社を調べてから、
お参りされて、より良いご利益を賜ってください。

太平山の南側から関東平野が丸見え 謙信平!陸の松島

県立公園にも指定されている太平山は、
標高約340mの関東平野の端にある小高い山です。

標高は高くありませんが、南がすべて関東平野になっていて、
その見晴らし・眺望はみごとなもの抜群な風景です。

戦国時代、関東管領・上杉氏を襲名した
戦国武将上杉謙信がその眺望の見事さに
感嘆したことから「謙信平」と名付けられました。

yjimageQZHGPCP2謙信

また、渡良瀬川・古利根川の合間に
丘陵が見えることから、その眺望は
“陸の松島”とも呼ばれています

太平山神社の3名物、卵焼き・焼き鳥 ・団子

焼き鳥と卵焼きの由来は、
昔、夜鳴きするニワトリは災難を招くものとして
太平山に奉納する風習があったそうです。

奉納されたニワトリの卵を「玉子焼き」、
肉を「焼き鳥」にして功徳したことが
きっかけとなって、大平山神社の名物となりました。

また、五穀豊穣を願い毎年たくさんの
穀類が奉納され、奉納された米を分けて頂き
粉にひいて、「太平だんご」を作ったそうです。

謙信平付近にある、「あずま家」や「いずみ家」
などの茶店では、名物の焼き鳥、卵焼き、大平山だんごが
看板メニューとして食べることができます。

柔らかく焼かれた玉子焼きに大根おろしがついてきます。
大根おろしを卵の上に乗せて、口に入れると
玉子焼きの甘さと大根の苦みが口の中に広がります。

目の前に広がる関東平野を眺めながらの
最高のロケーションでいただく名物の味は格別です^^。

yjimag太平山神社2e

春の桜、初夏のアジサイと四季折々の植物と、
奉納品から生まれた、焼き鳥や太平だんごなどの名物と
太平山の見どころはたくさん用意されています。

あなたも、42社60余の神々が祭られる
太平山神社、パワースポットで霊験を賜ってください!

〒328-0054 栃木県栃木市平井町659
TEL:0282-22-0227 FAX:0282-22-8877

スポンサードリンク