京都嵐山でランチ 松籟庵のお豆腐ざんまいの懐石料理と雰囲気


嵐山にある豆腐料理の専門店、近衛文麿公の別邸だったことで有名な松籟庵に北海道から友人が見えたので行ってきました。

4月にいきましたので、桜の季節が終わって残念でしたが、青もみじがきれいです。

松籟庵さんは、亀山公園へ登る階段を通り抜けて、
t02200165_0600045012451295344店
渡月橋から保津川沿いのドンつきまで行くと看板があり、急な階段をひいこら登っていく、わかりにくい場所です。
還暦過ぎたおばさんには、雨が降って泥道を久しぶりに歩いてちょっとしんどい道のりでした。

大堰川沿い、桂川の崖に張り付くように建てられた建物は官有地の中にあり、かつて内閣総理大臣を務めた、近衛文麿公が愛し、「近衛公の別邸」だったそうです。

IMG_2897松籟庵11FullSizeRender松籟庵4
隠れ家的な雰囲気は、とっても風情があります。

QFQHTIhxwzBjtzoC0tXvbnLLwUKtGMonOV9OHohJvOBORdDMapIHalKjbBLiDyqclvpMCGam1r1r7xF8PK1j1nYuYYn4TugT7WkYsjCk8T_354x3pE6n_Qkpx85QLQ--

嵐山を正面に、川沿いの景色を眺めながらのどかな雰囲気で、京料理と湯豆腐がいただけます。
今回いただくお料理は、遠方からの珍客なので、ランチにしては奮発しました。
先付けから八寸、湯葉料理、湯豆腐、ヒレ肉など10品目以上が並びバラエティに富んだ展開を楽しめそうな松風(5800円)です。

嵯峨豆腐
大豆の濃厚な味わいのお豆腐を
沖縄の塩でいただきました。

FullSizeRender松籟庵12

八寸
可愛い料理が並んだ、綺麗な一皿。
日本料理の繊細な美しさを感じます。
たけのこのとホタルイカの季節でした。

手鞠寿司がかわいいかんじですが、欲張りなわたしは、
もう少し繊細な雰囲気がほしい?
お部屋の窓から見える新緑で、我慢・・。

料理は五感で楽しむ物だと再確認。

スポンサードリンク

FullSizeRender松籟庵14

生ゆば・旬のたけのこ

FullSizeRenderゆば

創作の一品

湯豆腐
嵯峨豆腐をかつお出汁でシンプルにいただく。

豆腐のグラタン

てんぷら
湯葉の天ぷら、思った以上に固い。

FullSizeRende松籟庵10r
差し歯の還暦・おばばは、怖いので途中でやめました。
若い人なら、ぱりぱりっとした歯ごたえが気持ちいいかも・・・。

生湯葉は好きやけど、天ぷらは?

ヒレステーキ
九条ねぎがこれでもかって・・・・。
FullSizeRender松籟庵1

揚げだし豆腐
いい豆腐を、いい出汁で食べる。まずくなるはずがない。

ご飯とお漬物、ちりめん山椒

豆腐のアイス+生八橋
FullSizeRenderアイス

感想・ひとりがてん

基本は豆腐料理。
豆腐好きには、濃厚な大豆の味や、触感、出汁との
組み合わせを楽しめるのかも。

私は、豆腐料理と言う字を忘れていて、
懐石料理をイメージしていたので、
少し、期待が大きすぎたみたい。

嵐山を眺めながら・・・という特別な環境が、
何割増しかで、豆腐料理を美味しく感じさせて
くれるのかもしれませんが、
食材や、料理の温度など、ちょっと、?が灯りました。

みなさん、満足出来たとの投稿が多いので、恐縮なのですが、
嵐山の純和風の別荘でいただく、日本料理を期待した私には、
グラタンやヒレ肉の料理をみても、センスが・・・
ちょっと違うかな・・・・と思ってしまいました。

豆腐料理というのをしっかりわかっていませんでした。
次はないかな・・・です。

しばらく「錦」さんの桜宿膳、行ってないな・・・。

松籟庵 (しょうらいあん)
TEL
050-5869-2083 (予約専用番号)
075-861-0123 (お問い合わせ専用番号)
11:30・13:30、15:30の3交代
住所
京都府京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする