嵐山の市営駐車場の混雑を尻目に意外なところに穴場がありました。

公開日:  最終更新日:2015/07/05


嵐山の駐車場ですが、秋の紅葉のシーズンは探すのが大変です。

嵐山のど真ん中、長辻通のお土産物屋さんが並ぶ、便利でにぎやかな場所に
100台の車が収容できる、結構大きな駐車場があるんですが、
駐車料金を払えば、一般の人も駐車できるみたい?

スポンサードリンク

嵐山の便利な場所にある駐車場 一回 1000円

__ 2 (1)

 

車いすで回れる京都の観光地

 

天龍寺の駐車場、基本的には、天龍寺を拝観される方にお使いいただくための

駐車場なのですが、拝観されなくても、利用できるみたいなんです。

私、拝観される方のみが、利用するもんだと思っていましたが、

考え方次第、、物事のとらえ方しだいですが、臨機応変、一回、1000円で駐車できるんだそうです。

あまり知られていないかも・・・ですが、春の桜と秋の紅葉の混雑する時期の土・日・祝日は

午前9時にはもう、満車になるそうで、順番待ちの車が、渡月橋まで並ぶんだそうですが、。

平日は、ましなようです。

天龍寺 拝観と駐車場 詳細

 

曹源池庭園 早朝参拝

期間:平成26年11月8日(土) ~ 11月30日(日)と11月の土・日・祝日
時間:午前7時30分 ~

スポンサードリンク

早朝拝観(7時半から)の時期は、駐車場は、7時過ぎから利用できるようです。
早朝拝観は7時半からですが、それはお庭のみ。
早朝拝観の時間には、本堂に上がることができないようです。

本堂の拝観は公式には8時半から。
しかし、日によっては、8時には解禁されることもあるようで、
本堂に上がると、まだ誰もいない書院から額縁のような景色を堪能できるとのこと。
昼間ではまず考えられないことで、紅葉の最盛期であれば、さぞ優雅なことでしょう。

日曜日は、午前9時頃には駐車場はすでに満車になったそうです。
早めにいかないと、やはり止めるのは大変なようです。

 

歩行者天国の日は、13時から17時は、入出庫できません。

ただし、11月22日(土)・23日(日)・24日(月)祝日

11月29日(土)・30日(日)    の5日間は、

天龍寺の前の道、長辻通りというのですが、歩行者天国になるので

13時から17時までの時間は、車の出し入れができないそうです。

車の出庫は17時からになりますので、十分気をつけて、ご使用ください。

天龍寺 拝観と駐車場 詳細

 

京都南インターから、嵐山までの道路

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑