大覚寺(正式名称:旧嵯峨御所大覚寺門跡)は、
真言宗大覚派の大本山です。
嵯峨天皇により離宮として建立されたのが始まりです。

スポンサードリンク

後に、
淳和天皇皇后が大覚寺(だいかくじ)と改め、
恒寂(ごうじゃく)法親王(恒貞親王)が
初代住職を務められました。

upload_20100617152433大覚寺

まし南北朝時代には、南朝の御所として使われました。

大覚寺は、心経写経の根本道場、
嵯峨御流華道の家元でもあります。

・真言宗十八本山五番札所、
・近畿三十六不動尊十三番札所、
・神仏霊場巡拝の道 第八十九番札所。

本堂にあたる五大堂は、嵯峨天皇が建立、
江戸時代に再建されたものです。

後水尾天皇より下賜された宸殿の前には
「左近の梅」と「右近の橘」。

yjimage大覚寺梅1

御影堂には、嵯峨天皇・後宇多法皇・
恒寂法親王・弘法大師空海を祀られています。

東側に隣接する池は、中国の洞庭湖を模した言われる
日本最古の庭苑池大沢池で、国の名勝に指定されています。

大沢池の東に名古曽滝(なこそのたき)跡があります。

yjimageMQV6UG4Y大覚寺勿来滝

藤原公任(ふじわらのきんとう)の百人一首

「滝の音は、たえて久しくなりぬれど、名杜流れて、尚きこえけれ」
と歌われました。

スポンサードリンク

大覚寺と大沢池周辺は、春の桜・秋の紅葉が美しい場所です。
毎年、旧暦8月15日には、観月の夕べが行われます。

yjimageMTGTJHRN大覚寺観月

平家物語で有名な、塔頭の祇王寺までは、歩いて約25分。

住所   :   京都市右京区嵯峨大沢町4
電話番号 :   075-871-0071
市バス  : 大覚寺バス停
最寄り駅
JR  嵯峨嵐山駅 歩 約15分
駐車場 有り  (有料)
        自家用車 50台(2時間:500円)
        バス   10台(2時間:2000円)

休日       無休※寺内行事により休み有り

拝観時間     9時~17時   ※受付16時30分まで

拝観料      一般500円・高校生以下300円
         ※大覚寺・祇王寺(2カ寺)共通拝観券600円有り

        【大沢池】
         午前9時〜午後5時 拝観料金:200円
        (文化財維持協力金として)
       ※春期、秋期の一定期間、臨時拝観受付口にて拝観券を販売。

トイレ 有り  (車椅子不可)
URL 公式サイト  http://www.daikakuji.or.jp/
アクセス
京都駅から大覚寺へアクセス方法

JR嵯峨嵐山駅から 徒歩約17分

__道 1
嵐電・嵐山駅から 徒歩で約23分。

京都市営バス(28系統) 京都駅前バス停
   ↓
 ⇒ 大覚寺バス停 約53分 230円

スポンサードリンク