法事と 法要の違いは?
法事について、何となく分かっているようで
詳しいことはという人のために、
基本的な知識、ポイントを書いてみました。

スポンサードリンク

法要とは

法要は、追善供養のこと。
亡くなった、故人を供養するために僧侶にお経を
上げてもらい、みんなで故人の冥福を祈ることです。

yjimage法事花2

一般的には、「法要」と法要が終わった後に
会食することなども含めて「法事」と
呼びます。

追善供養とは?

人は、死んだ後に生まれ変わるとかんがえられていて、
来世の幸・不幸は生前の行いで決まる、というのが
仏教の教えなのです。

でも、亡くなった人はもう、この世で前項を積むことが
できないので、遺族が変わって仏様の供養をして
故人の善行に加えてもらえるように祈る行為が
「追善」なのです。

故人の極楽浄土への往生をお願いできるのは、
初七日から、四十九日の間の7日ごととされ、
この時の7日ごとに行われる「法要」のことを
「追善供養」と呼んでいます。

yjimage法事花

法事を行う時期は?

四十九日、または五七日(三十五日)で忌明けした後、
法事は、1周期や三回忌などの年忌法要を行います。

法事は、一般的には故人の葬儀の喪主を務めた人が
主催します。

時期は、命日の一週間前に行うのが多いようですが
曜日の都合なので、参加者が集まりやすい日を
選ぶのが、一般的になっているようです。

スポンサードリンク

その場合でも、命日を過ぎてから法事を行うのは、
しきたりに反しますから、前倒しで行うように
しましょう。

ちなみに、法事の日程や内容など、喪主が主導で
決めることになりますが、親族の年配の方の
意見を尊重されることが多いです。

普段は、実家を離れてくらしている息子さんが
喪主をされる場合、自分は、会ったことがないからと、
親戚や故人の友人をお招きされないこともあるそうです。

yjimage法事花2

やむを得ないというか、お気持ちはわかりますが
生前の親の人間関係が解らないとか、高齢者を
招くのに遠慮がある、という理由なら、そこはもう少し
頑張って、ご招待されてみては?と思います。

故人と親しかったお友達が来てくださることによって
会場の空気が変わることも少なくないようです。

法事は、故人の成仏を祈る、願うために行うものですから
残された人同士が、故人の思い出を語り、その絆を
確認できるきっかけにもなります。

そういうことを意識すれば、一層なごやかに
故人を偲ぶことができる貴重なひとときと
なることと思います。

京都でお線香の利用が可能なホテル

一般的には、寺院で法要を執り行ってから、
会食のために、ホテルや料理屋さんに
移動することになるのですが、お線香を使えて
法事すべてがホテルでできるところがありますので
ご紹介しますね。

京都平安ホテル (京都御所西)
祭壇を設けた和室プランと洋間プランがあります。
京都市上京区烏丸通り上長者町上ル
(地下鉄今出川駅から、徒歩七分)
電話 075ー432ー6181

生前の

スポンサードリンク