桃の節句 は3月3日。女の子の節句。

桃の節句とも言われ、昔は3月の最初の
巳の日に行なわれていました。

形代(かたしろ・人形)を作って、身体をなでたり、
息を吹きかけて形代に穢れを形代に移して
川や海へ流すと言う、日本独特の行事に使われた
形代が、雛人形の原型となりました。

スポンサードリンク

3流し雛

元々は「上巳(じょうし・じょうみ)の節供」
といわれていました。
起源は古来中国の上巳節。
上巳とは、3月上旬の巳の日という意味です。

3月3日とされるようになったのは
中国の三国時代、魏の国の時代。

日付が3月3日と決められてからは
「三」が重なることから
「重三(ちょうさん)の節供」
ともいわれるようになりました
中国では、上巳(じょうし・じょうみ)
の日に、川で身を清め、不浄を祓った後に
宴を催す習慣がありました。

流し雛。

3流し雛

桃の節句に形代(かたしろ・人形)で
身体をなでたり、息をふきかけて、
形代に穢れを移して川や海へ流す
と言う日本独特の行事。

現在でも、地域によっては
「流し雛」の行事が残っています。

この形代が、時代とともに、
公家や上流武家の間で、上司への
贈答の品として使われるようになり、

簡素な形代から豪華な人形へと
移り変わることになったのです。

yjimagePTNUZ9J4

やがて河に流すものではなく、
家に飾るようなものも
作られるようになりました。

流し雛とは別に、公家の女の子が
「雛遊び」として人形や小さな調度品を
並べて遊ぶままごとがありました。

スポンサードリンク

流し雛と公家の女の子の雛遊びが
融合して「雛人形」へと
変化していきました。

yjimageXA72395A

雛人形を河に流さずに、家に飾ることが
主流となったのは室町時代頃から
といわれます。

新暦と旧暦

新暦の3月3日では桃の花が咲くのは
早すぎますが、旧暦では年によって
かわりますが、3月下旬から4月に
なりますから桃の花が咲く季節になります。
こんなふうに、季節感がずれることから
農業に携わる人たちからは特に
「旧暦の方がわかりやすい」
との意見も多いようです。

ひな飾り

ひな飾りは 現在のように、豪華に
ひな段を組んで飾るようになったのは
江戸時代に入ってからなんです。

江戸時代の初めごろ、京都の御所で盛大な
「ひなまつり」が催されてから、
江戸の武家社会に広まるようになり、
庶民の間でも飾られるようになったと
されています。

現在の雛人形の形が完成したのは
江戸時代・元禄時代。

この時代は庶民の経済力が著しく成長した時代、
経済的に余裕が出来た商人などの庶民も、
競って豪華な雛飾りを求めるようになり、
雛壇にたくさんの人形が飾られました。

ひな人形を飾って、白酒や菱餅やあられ、
桃の花等を供えて祀ります。

ひな祭りのごちそう

ちらし寿司と蛤のお吸い物。

ひな1yjimage

はまぐりの貝殻は、対になっている
貝殻でなければぴったりと合いません。

ひな2yjimage

このことから、仲の良い夫婦を表し、
一生一人の人と添い遂げるように
という願いが込められた縁起物。

ちらし寿司の具に使う蓮(れんこん)や
エビも縁起がいいものとされ、
お祝い事には良く使われます。

スポンサードリンク