天然炭酸泉とは

温泉には、「炭酸泉」という泉質の温泉があります。

これは炭酸飲料のように温泉の成分に炭酸泉を含んで
湧き出している温泉で、たいへん珍しいものです。

炭酸泉は非常に使い方が難しく、循環や加熱をすると
炭酸成分が消えてしまうのです。

分析表上では炭酸泉とされていても、
43度以上の熱さになると、
湧き出してすぐに「シュー」という
音とともに気化してしまうので、
温泉の中に残る成分が
少なくなってしまうのです。

鉱泉の場合も加熱すると、
気化してしまうのです。

それでも、、40度くらいの温泉なら、
浴槽の中でも炭酸の成分を良く含んでいて、
温泉の中で炭酸の清涼感を味わうことができます。

日本の炭酸泉は食塩や、重曹を一緒に含んでいることが多く、
成分的には濃厚で、含炭酸食塩泉や炭酸鉄泉がほとんどで
色は、赤褐色が多いのです。

大分県の阿蘇野白水温泉(1965mg)は
炭酸以外の成分をほとんど含んでおらず。
炭酸だけの純水に近い炭酸泉です。

阿蘇野白水温泉は、欧州で飲料水として
売られているような、綺麗な炭酸水が
大量に湧き出しているのですが、日本の温泉地の成分では、
珍しい鉱泉だと思います。

日本の天然炭酸泉について

炭酸泉の温泉地のご紹介

炭酸の清涼感を実際に感触できるくらい
湯の中に炭酸が残っている温泉をご紹介します。

炭酸泉は、炭酸成分を含んでいる量だけでは
わかりにくく、源泉の温度の高い低いや
湧き出し方によっても違いがあります。

とにかく、ラムネやサイダーのような清涼感を、
身体で感じることができます。
炭酸成分の含有率で

日本1位の記録は、分析表上では7909mgの
岐阜県
湯屋温泉・合掌苑
10度台の鉱泉で、残念なことに炭酸は加熱で消えてしまっています。

しかし、源泉では大量の炭酸とともに間欠的に湯が湧出しています。

日本2位
青森県
・みちのく温泉・4004mgの含有量
 高温のために湧出口で炭酸が抜けていて、浴槽では少なくなっています。

第3位の
頓原温泉(3147mg)も加熱のため少なくなっています。

この3箇所の温泉は、高濃度炭酸泉の基準と言われる
1000mgをはるかに超える数値です。

青森県 
・森田温泉    (431mg)

福島県 
・大塩温泉(第6位2856mg)

長野県木曾谷一体には多くの炭酸泉があり、
炭酸の含有量は高いです。

長野県
代山温泉・(2260mg)
灰沢温泉・(2193mg)
釜沼温泉・(1645mg)

島根県 
・小屋原温泉(3100mg)

大分県 
・長湯温泉の「ラムネ湯」
(約2400mg、最高値は第5位2970mg)

和歌山県
・花山温泉(第7位2588mg)
・本町温泉   (1979mg)

宮崎県 ・コスモス温泉   (417mg)
・ 紀の島温泉、
・サンヨーフラワー温泉

炭酸の清涼感を感じることができる温泉です。

長野県木曾谷一体には多くの炭酸泉があり、
炭酸の含有量は高いです。

代山温泉・(2260mg)
灰沢温泉・(2193mg)
釜沼温泉・(1645mg)

温泉に入ったときは、ちょっと冷たいと感じますが、
温かさも感じるという不思議な清涼感があります。

炭酸泉の効能

日本は天然炭酸泉が少なく、よって、炭酸泉に
ついてのあまりよく知られていませんが、
ドイツでは、炭酸泉の働きを利用した
様々な研究や治療が行われています。

炭酸泉の効能ですが、

スポンサードリンク

✩ 血管を広げ、血液量が約1.5倍になります。
✩ 毛細血管の動きが活発になって、
  肩こりや腰痛がやわらぎます。
✩ 血圧を下げます。
✩ 身体の中の血液をアルカリ性にします。
✩ 身体の中の酸素濃度を上げます。
✩ 普通のお湯に比べると、ゴン力が約3倍あります。
✩ 身体の表面を弱酸性にして、なり美容効果を高める。
✩ 身体の新陳代謝を活発にして、乳酸の減少を早めて
  筋肉痛や関節痛を和らげます。

炭酸泉の効能は、日本でも少しずつ知られるようになって、
人工の炭酸の温泉もつくられています。

炭酸泉は利尿やむくみを解消する効果

炭酸泉は、入浴するのはもちろん、飲んでも効果があります。
炭酸ガスには、胃腸を刺激して、腸のぜんどう運動を
促したり、水分排泄を促す働きがあります。

炭酸泉を飲むと、女性の美容の大敵と言われる
便秘の悩みから解放され、又、利尿効果もあるので、
むくみも無くせる効果を望めるのです。

炭酸ガスは皮膚から直接、身体の中に入り込むことが
出来る数少ない物質です。

炭酸泉に入ると、炭酸ガスが毛細血管から血液に
溶け込んで、血中の二酸化炭素濃度が上がります。

身体の中では、きつい運動したので
酸素不足になったと勘違いして、
酸素を取り込もうと血管を広げるので、
血液の循環がとっても良くなるんです。

このように、炭酸泉は、身体にとって
プラスとなる効果を望むことができます。

炭酸ガスは皮膚から直接、身体の中に
入り込むことが出来る数少ない物質が特徴で、
炭酸泉は、身体に良い効果を望むことができます。

炭酸浴のリラックス効果

炭酸泉に入ると、皮膚表面に細かい気泡
(炭酸ガス)が付きます。

炭酸ガスという物質は、皮膚から体の中に
直接入り込むことが出来る特性があって、
皮膚から吸収されると、毛細血管が開くので
たくさんの血液が流れるようになります。

毛細血管が開くと、末梢血管抵抗が
減るので血圧が下がります。

血液の循環がよくなって、疼痛物質や
老廃物を効率よく排除できますし、
脈拍数を減らすなど自律神経へ
直接働きかけることによって、
リラックスできるようになります。

それに、血液の循環が良くなると、新陳代謝が
活発になるので、美肌をつくる効果もあります。

水質は、弱酸性ですから、アストリンゼント効果によって
引き締まったお肌をつくることができます。

炭酸泉の効果は、身体の内側から外側まで
幅広い範囲に及んでいるのです。

あなたも、天然炭酸温泉、
体験してみたいとおもいませんか?

炭酸泉は筋肉のコリや痛み・疲労回復に効果的

炭酸泉には、疲労回復の促進効果があります。

運動するためのエネルギーを作るには、
グリコーゲンと脂肪酸が必要なのですが、
その時、乳酸という疲労物質ができて、
これが、筋肉を固くして、痛みの原因となります。

乳酸は血液やリンパ液によって
肝臓へ運ばれ分解されますが、
処理できずに残った乳酸が、
筋肉の肩凝りや腰の痛みとして残るのです。

そんなとき、疲れをとるためには、
ウォーキングや軽いジョギングしたり、
サウナやお風呂に入って、身体を温める
などの方法があります。

体の代謝を良くして、血の流れが良くなると、、
疲れがとれて、筋肉の痛みをやわらげることがきるのです。

お風呂は、炭酸泉にはいるのが効果的、
炭酸泉の威力を発揮できると思います。

最近では、炭酸泉を取り入れた銭湯や、
入浴剤も出回っています。

疲れた身体を炭酸泉で、癒してあげる、
あなたも試してみませんか?

スポンサードリンク