3月3日 桃の節句 お雛様はいつからいつまで飾るの


ひな祭りの由来

ひな祭りは、「桃の節句」とも言われます。

春を祝い、邪気を払う「上巳・じょうしの節句」に由来し、
桃を用いることから、「桃の節句」と呼ぶようになりました。

そして、紙の人形に厄を移して水に流す行事が広がって
雛人形を飾って、女の子の健やかな成長を祈願する
「ひな祭り」となったのです。

スポンサードリンク

お雛様はいつからいつまで飾るの?

ひな人形は、二十四節気の雨水(うすい)の
2月19日から飾りはじめ、
3月3日のひな祭りが終わったら
すぐに、しまうと良縁に恵まれると言われています。

ひな祭りの食べ物

ひな祭りには、幸せを願う、菱餅、ひなあられ、
はまぐり、白酒などでお祝いします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする