節分にはなんで豆をまくの?子供にもわかりやすい意味と由来

節分の意味と由来、それを子供にもわかりやすく、
教えてあげることができますか?

スポンサードリンク

節分ってなあに?

と聞かれて、「豆まき」をするのよって答えるてます。

豆の升  画像

子供にきちんと、わかってもらうと言うのは
本当に難しいです

今回は、節分について、簡単に説明できるように
文章にまとめてみました。

節分は、2月3日、「季節を分ける」という意味を含み、

昔は、『せち分かれ』と言って立春、立夏、立秋、立冬の、
季節の始まりの日の前日を節分とされていて、
「季節の変わり目」という意味になります。

なのに、、節分は、年に一度で、どうして2月3日なのでしょうか?

季節の移り変わりを、「春夏秋冬」と書きます。
一年の始まりは「春」なんですよね・・・。

冬から春に向かう、春の始まりのせち分かれが、立春なので。
立春の前の日の、2月3日が大晦日、
悪いものを追い出して、新しい春を迎える為に、
春の節分だけが行事として残ったと言われています。

どうして2月3日なのか?
悪いものを追い出して、素晴らしい春を迎える為に、
春の節分だけが行事として残ったと言われています。

季節の分かれ目とは、立春、立夏、立秋、立冬の事です。

一年の始まり、お正月の年賀状にも、
「新春」とか「迎春」と書きますよね。

昔の人が、一年の季節の変わり目うち、もっとも大事と
考えたのが「春」だということなんですね。

その「春」が始まる、新しい一年が始まる前の日に、

「これから始まる、新しい一年、不幸や災難がきませんように」

と、願いを込めて、一年に一度の節分の行事をするのです。

『なんで、豆をまくの?』

今の様な節分の豆まきの風習は、
中国の「追儺(ついな)」という鬼払いの儀式があって
鬼に扮した人を、矢などで追い払うものでしたが、
それが次第に広がり、節分に魔物(まもの・わるいこと)を
たいじするということで、鬼のお面をかぶった人に豆をあてて、
追い出そうとする現在の形になりました。

スポンサードリンク

昔は、魔物(まもの・わるいこと)は
季節のかわりめに出やすいと考えられていたのです。

12月の、大晦日には「大掃除」をしますよね。

大掃除を昔はすす払いと行ったのですが、
旧年中の埃や汚れを落として、大掃除をすることで
邪気など悪いものをなくし、 綺麗な体で、
新しい年を迎えるという意味もあるのです。

(地域によっては豆のかわりに落花生を撒くところもあります)

豆を撒くときは「鬼は外! 福は内!」
と言いながらが一般的ですが、
鬼を祀った神社や鬼がつく地名の場所
(入谷の鬼子母神、新宿歌舞伎町の鬼王神社、群馬県鬼石町、
奈良県天川村の天河神社など)や、鬼を邪気と考えない地域では
「鬼は内」もしくは「鬼も内」他のフレーズの場合もある。

節分はなぜ、豆まきなのか?

「鬼は外、福は内」と言って、豆まきをしますね。

昔、京都に鬼が出て、みんなを困らせていました。
その時に、神様からのお告げで、
豆を鬼の目に投げて、退治したという話があります。

「鬼=魔」
「魔(ま)を滅(め)っする」という言葉から、
その年が無病息災で過ごせるようにと、豆を撒くようになりました。

豆についての、豆知識を一つ。
豆は「煎った大豆」でなければなりません。

なぜかというと生の豆は、芽が出てきます。
「魔」から目が出てくるということで、
大変、縁起が悪いこととなります。

また、幼稚園にいっているなど、分からない小さな子供には、

「昔のこよみでは、今日(2月3日)が大晦日だったんだよ。」

「大晦日には、新しくくる一年が、
楽しく過ごせますようにって、豆を撒いて、
鬼を家の中に入れないようにしようね。」

こんなかんじで、簡単な言い方にすると、
分かってもらいやすいかな・・・と思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。
お疲れ様でした。

スポンサードリンク