年賀状 恥をかかない書き方とマナー


年賀状を書くときのマナー、意外と知らないでやっていることが
多いのに気がつきました。

スポンサードリンク

実は年賀状には最低限知っておきたいやってはいけない、
マナーがありました。
知らないうちにマナー違反をして恥をかいていたこともありました。
そこで、やってはいけない年賀状のまなー・タブーをご紹介します。

年賀状を書くことは、日頃お世話になっている人に
感謝の気持ちを伝えるとか、
普段なかなか会えない人に近況報告できる
一年に一度の機会でもあります

だからこそ、年賀状のマナーは大切だと思って、
やってはいけない年賀状のタブーをご紹介します。

1・「新年あけましておめでとうございます」はダメ。

   賀詞では「新年あけましておめでとう」という言葉に注意です

新年は「年があけた」ことを表す言葉なので、
「あけまして」と重複して書いたことになります。

2・ 「一月一日元旦」「平成○○年一月元旦」もおかしい表現です。

「元旦」は、「一月一日」という意味を含んでいます。
これは重複表現で誤りということになります。

「平成○○年元旦」だけでよいのです。

3・既成の年賀状には、「賀正」「元旦」「謹賀新年」など

  という文字がすでに印刷されているものが多いです。
  これらの単語を重複して書かないように気を付けましょう

4 「、」や「。」などの句読点は使いません。

 基本的に年賀状の挨拶文には、「、」や「。」などの
 句読点は書かないのが慣習となっています

 昔の日本の手紙が、句読点を使わなかったことから、
 この慣習が年賀状には残されていますから、
 句読点を使わないことを、覚えてください。

 句読点を入れないと読みにくいと感じるときは、
 改行すれば、読みやすい文になります。

5・「去年はお世話になりました」

   
  「去」という漢字は使わないのが礼儀です
  
  不吉なことを連想させる言葉を使うこと、
  別れる、失う、去る、離れる、倒れる等を使ってダメ。
  これらの言葉はタブーです。

  年賀状では「昨年」や「旧年」と言う字を使います。

  「去年」と書くと、「去る」という不吉な連想してしまいますから、
   使ってはいけないのです。

「去」以外にも、「弱」「戻」「朽」「倒」
「敗」「負」「崩」「別」「離」
「往」「流」「浅」「疎」「消」など、使ってはいけません。

6「賀正」「迎春」などを目上の人に使ってはいけません!

「寿」や「賀正」、「迎春」といった1文字や2文字の賀詞は、
友人、同僚、親しい人や目下の人向けの挨拶とされていますから、
目上の人に使うのは失礼なこととなります。

目上の人に対しては「謹賀新年」や「恭賀新年」
と書くのが正し書き方となります

被災などで、「おめでとう」や「祝」などの言葉を
使いたくない時には、

「年始のご挨拶を申し上げます」

などの挨拶語を使うと良いでしょう。

7・宛名の敬称で「殿」をつける

「殿」と書くと、尊敬している・丁寧な印象と感じるかもしれませんが、
実際には、目上から目下に使う敬称なので要注意!
間違っても上司やお客様などの目上の方に使ってはいけません。

8 赤インクで書くのは、マナー違反

目上の人や取引先などに出す年賀状は、黒インクのペンや、
毛筆、筆ペンで書きましょう

万年筆の、黒・濃紺・青は使えます。
宛名も同様です

9 間違いを修生ペンで修正するのはダメ

訂正線や修正液で修正した年賀状を送るのは
大変失礼なことです。
ペンや筆で間違えて書いてしまったら、
潔く新しいはがきに書き直しましょう

一文字ずつ心を込めて集中して書きましょう。

10 自分の近況は控えめにする

年賀状は相手の新年を御祝いするためのものです

相手の健康、幸福、繁栄を願う言葉や、
相手のことを思いやる言葉を8割、
その上で自分の近況を書き添えます

自分の話は2割程度に抑えて書くのがマナーです

11 印刷のみの年賀状はさびしく、味気ない。

心を込めたご挨拶をとお考えなら、
印刷のみの味気ない定型文だけの年賀状では、どうでしょうか?

「今年も頑張ります!」など、たったひと言でもいいから、
手書きでコメント書くようにしましょう

あなたに好印象を持ってもらえたり、ご縁をつなぐ効果もあります

まとめ

以上、年賀状のマナー・気をつけたいことについて
紹介させて頂きました。
これらを守っ年賀状を書いていただけましたら、
恥を書いたり新年早々嫌な思いをすることは無いかと思います。

また、書き損じた年賀はがきは、1枚5円の手数料で新しいはがきや
切手と交換してもらうことができます。

年賀状で親交を深める、素敵な新年になりますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました

知っているようで意外と知らない年賀状のマナーです。

実は年賀状には最低限知っておきたいNGマナーがあり、
知らないうちにマナー違反をして恥をかいてしまうかもしれません。
そこで、やってはいけない年賀状のタブーをご紹介します

年賀状は、日頃お世話になっている人に
感謝の気持ちを伝えるものです。

同時に、普段なかなか会えない人に近況を報告できる
一年に一度の機会でもあります

だからこそ、年賀状のマナーは大切にしなければなりません

これより、やってはいけない年賀状のタブーをご紹介します。

スポンサードリンク

1・ 「新年あけましておめでとうございます」はダメ。

賀詞では「新年あけましておめでとう」という言葉に注意です

新年は「年があけた」ことを表しているので、
「あけまして」と重複した意味になります

出典
年賀状マナー辞典 – 2015年おしゃれ年賀状素材のダウンロード、印刷注文サイトOHAGAKI

2■ 「A Happy New Year」はNG

出典
kids.nifty.com

「A Happy New Year」は、「I wish you a happy new year.」「A happy new year to you.」を短くした表現です

出典
【朝礼ネタ】年賀状のNG・タブー ?「新年あけましておめでとう」は間違い??

年が明ける前(年内)に使えば「よいお年を」的な意味となります

出典
【朝礼ネタ】年賀状のNG・タブー ?「新年あけましておめでとう」は間違い??

年賀状における「新年おめでとう!」は
「Happy new year!」が正解です。

3 「一月一日元旦」「平成○○年一月元旦」もNG

出典
nenga.post-code.jp

「平成○○年一月一日元旦」という表現もよくみかけます

出典
この言葉は、嫌われる!年賀状でのタブー―「去年はお世話になりました」 – Ameba News [アメーバニュース]

「元旦」にはもともと「一月一日」という意味を含んでいるので、
これは重複表現で誤りということになります。
単に「平成○○年元旦」だけでよいのです

既成のデザインが入った年賀状には、「賀正」「元旦」「謹賀新年」など
という文字がすでに印刷されているものが多いので、
これらの単語を重複して書かないように気を付けましょう

出典
この言葉は、嫌われる!年賀状でのタブー―「去年はお世話になりました」 – Ameba News [アメーバニュース]

4 「、」や「。」などの句読点は書かない

出典
girlschannel.net

基本的に年賀状の挨拶文には、「、」や「。」などの
句読点は書かないのが慣習となっています

これは昔の日本の手紙が、句読点を入れていなかったことから来ています。
年賀状についてはこの慣習が残っているため、
句読点を入れない様に心がけましょう

句読点を入れないと読みにくいと感じるときは、
改行すれば、読みやすい文になります。

5「去年はお世話になりました」と書く人がよくいますが
「去」という漢字は使わないのが礼儀です

「去年」は「昨年」か「旧年」と表現するのが正しい書き方です

出典
この言葉は、嫌われる!年賀状でのタブー―「去年はお世話になりました」 – Ameba News [アメーバニュース]

「去」以外にも、「弱」「戻」「朽」「倒」
「敗」「負」「崩」「別」「離」
「往」「流」「浅」「疎」「消」といった言葉も使ってはいけません

6「賀正」「迎春」などを目上の人に使ってはいけない

「寿」や「賀正」、「迎春」といった1文字や2文字の賀詞は、
友人、同僚、親しい人や目下の人向けの挨拶とされていますから、
目上の人に使うのは失礼なこととなります。

目上の人に対しては「謹賀新年」や「恭賀新年」
と書くのが正解となります

被災などで、「おめでとう」や「祝」などの言葉を
使いたくない時には、

「年始のご挨拶を申し上げます」

などの挨拶語を使うと良いでしょう。

7・宛名の敬称で「殿」をつける

「殿」と書くと、尊敬している・丁寧な印象と感じるかもしれませんが、
実際には、目上から目下に使う敬称なので要注意!
間違っても上司やお客様などの目上の方に使ってはいけません。

出典
【豆知識】知らないと恥をかくかもしれない!
年賀状にまつわるアレコレ「元旦の本来の意味」
「去年はタブー」など | ロケットニュース24

8 赤インクはマナー違反

目上の人や取引先などに出す年賀状は、黒インクのペンや、
毛筆、筆ペンで書きましょう

万年筆の、黒・濃紺・青はOK。宛名も同様です

9 間違えても修生ペンで修正するのはダメ

当たり前のことなんですが、ペンや筆で間違えて書いてしまったら、
潔く新しいはがきに書き直しましょう

訂正線や修正液で修正した年賀状を送るのは大変失礼なことです。
一文字ずつ心を込めて集中して書けば、
間違いも少なくなることでしょう

10 自分の近況は控えめにする

年賀状は相手の新年を御祝いするためのものです

相手の健康、幸福、繁栄を願う言葉や、
相手のことを思いやる言葉を8割、
その上で自分の近況を書き添えます

自分の話は2割程度に抑えて書くのがマナーです

11 印刷のみの年賀状は味気ない

心を込めたご挨拶をとお考えなら、
印刷のみの味気ない定型文だけの年賀状では、どうでしょうか?

「今年も頑張ります!」など、たったひと言でもいいから、
手書きでコメント書くようにしましょう

あなたに好印象を持ってもらえたり、ご縁をつなぐ効果もあります
年賀状の消印はどうしてないの?

年賀状に消印は押さないの?

目には見えませんが、ブラックライトを当てると
見える消印がついています。
また、1月7日を過ぎると、年賀状も通常の
消印を押されて配達されます。

以上、年賀状のマナー・気をつけたいことについて
紹介させて頂きました。
これらを守っ年賀状を書いていただけましたら、
恥を書いたり新年早々嫌な思いをすることは無いかと思います。

また、書き損じた年賀はがきは、1枚5円の手数料で新しいはがきや
切手と交換してもらうことができます。

年賀状で親交を深める、素敵な新年になりますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする