ふるさと納税をするための、手続きについて

公開日:  最終更新日:2014/12/16


ふるさと納税をするための、手続きについて

1.都道府県・市区町村、どこに寄附をするか決めます。

✩ あなたのふるさとに限らず、都道府県・市区町村なら、
  あなたが好きな地方自治体どこでもいいのです。

✩ 寄附の方法は都道府県・市区町村によって違います。
  事前に電話で問い合わせたり、ホームページや
  広報誌などを読んで確認しましょう。

✩ 寄附をするの前に、郵送やインターネットなどで、
  事前に登録が必要な所もありますので確認しましょう。

ご参考URL: 総務省 自治税務局 各地方団体のふるさと納税関連ページへのリンク

ご参考URL: 総務省 自治税務局 ふるさと納税の概要 手続きの概要

2.寄附した地方自治体から領収書を受け取る

✩ 寄附をしたときに、寄附した地方自治体から
  もらった寄附金受領証明書は、
  税金控除を受けるための確定申告に必要ですから、
  きちんと保管しておきましょう。

3.寄附金控除に関する確定申告をする

✩  毎年1月1日~12月31日までに行った寄附金は
  翌年3月15日までに、最寄りの税務署に確定申告します。

  確定申告には、地方自治体からの領収書を
  添付する必要が有ります。

  所得税の電子申告(e‐Tax)を利用するときは、
  領収書の添付は省略してもかまいませんが、
  3年間は、自分で保存しておく義務があります。

スポンサードリンク

✩ 確定申告の方法や様式については、
  「国税庁のホームページ」などを参照したり、
  最寄りの税務署に電話して、聞いてくだされば、
  親切に教えてもらえます。

ご参考URL:国税庁 確定申告書等作成コーナー  

但し、平成24年度分です。
平成25年度分は平成26年1月上旬公開予定です。

注意:住宅ローン控除等で所得税が0円で、住民税だけで
   控除を受けようとするときは、住民税の控除申告書を
   地方自治体に提出する必要があります。

   詳細はお住まいの市区町村へ電話で、聞いてください。

その他(復興支援の寄附)

「ふるさと納税」で、東日本大震災の被災地へ
 復興支援を行うことができます。
 被災地の県や市町村に寄附する場合や、
 日本赤十字社や中央共同募金会、
 日本政府などに義援金として寄附する場合に、
 所得税と個人住民税で控除(還付)が受けられます。

 ぜひ、ご検討くださいませ。

ご参考URL:国税庁 寄附金・義援金をされた方へ

まとめ

「ふるさと納税」についてご紹介しましたが
参考になりましたでしょうか?

最低金額、2000円を個人負担することと、
確定申告が必要なので少し面倒かも・・・ですが、
地方の特産品の楽しみなおまけを考えると、
あまりデメリットはないと思います。

自分が生まれた故郷のためや、
震災復興などの人助けのためにも、
ぜひ、ふるさと納税、参加されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑