寝る向き・方位で運勢や体調までもが変わるって本当?九星では?

公開日:  最終更新日:2014/12/16


寝る向き・方位で運勢や体調までもが変わるって本当?九星では?
枕の向きで運勢が変わる!?

スポンサードリンク

北枕で寝るのは縁起が悪い?本当によく良くないの?

北枕で寝るのは縁起が悪い・・。
これは亡くなった人を安置するときに、
極楽往生を願い、北枕にするので、縁起が悪いとされてきました。

そして、この北枕は、
お釈迦様が亡くなった時に、頭を北向きだったことから、
神聖な方角とされていたんですね。

また、昔の日本の家は隙間だらけだったので、
風が家の中に入ってくるために、頭を北側に向けて寝る、
北枕にすると、風邪をひきやすいという話があります。

また、真偽のほどは確かではありませんが、
その昔、北枕で寝ると、金運に非常に影響が強いことを知っていた金持ちは、
貧乏人や他の人に知られたくないために、
北枕は悪い、良くないと広めたというお話もあったり・・・・。

北枕はよく良くない、縁起が悪いとされてきましたが、
これらは、いわゆる迷信です。
そして、北枕が悪いとされるのは、日本だけなんです。

そして、本当は、「北枕」は悪くないのです。

それぞれの方角、方位には方位によって意味があるのです。
最近は、風水が流行っていますから、ご存知の方も多いのでは?
一応、私なりにまとめてみました。

北枕 効果・事象・意味

先に、お釈迦様が亡くなった時に、北枕で安置されたことを書きましたが、
実は、北向きに寝ることが、身体が一番落ち着く、
穏やかに眠ることが出来る方角だったのです。

そして、科学的には、
「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」という言葉があって、
頭を冷やして、足を暖かくすることが健康に良いとされています。

北側は日陰で、冷たい風が入るので、北枕にすると
快適に眠ることができて、健康に良いと見直されています。

また、中国や香港の風水師によると、
気が、北から南に流れていて、北枕で寝ることは、
自然に気が頭から流れるので、血行がよくなるなどと言われ、
身体にいい、健康に効果的な方位、方角とされています。

こういう理由から、日本でも「北枕」が良いと変わってきています。

北枕が良いことは解りましたが、部屋の配置や間取りによって、
北枕は無理なこともあります。

そこで、北枕以外に寝た時に起こる事象を方角別にお伝えします。

 北枕でねると、今までは、縁起が悪いと言われてきましたが、
 健康運と金運を良くする効果があります。

 亡くなった人を寝かせるのに北枕を使うのは、
 埋葬する前に復活してほしいという気持ちが込められているそうです。
 なので、しっかり疲れを取りたいという人は北枕がオススメです。

 北には暗い穴という意味もあり、婦人科系や泌尿器科系の病気や
 赤ちゃん・子宝に恵まれたいという人にもおススメします。

 家族、夫婦円満の方角でもあります。
 

 南枕の効果・事象・意味

 北と反対の方位・方角で、直観力や知性などが冴えてきます。
  芸術や芸能方面で人気や名声を得るのに効果的です。

  芸術家など発想を大切にしている人に南枕はオススメです。
  ただ感が冴えやすくなりますが、寝付きが悪いというか、
  眠りにくくなるため、睡眠を取るには、あまりよくない方角になります。

スポンサードリンク

  また、南は「火の気」を持つ向き・方角とされていますから、
  情熱的なのはいいのですが、頭に血が昇りやすくなる、短気な性格がでると、
  災難やトラブルなどが起きやすいとされています。
  そして、火はものを燃やして、灰にしてしまいますから、
  さまざまな運気、金運や健康運、恋愛運などを燃やしてしまう
   ということにならないように、できれば南枕は避けたほうがよさそうです。

でも、どうしても部屋の間取りからいったら、
「南枕」じゃないとダメなんだけど・・・・いう人は、

枕カバーをやお布団カバーを寝る向きの方角の
ラッキーカラーにするだけでも効果があります。
ラッキーカラーの枕カバーや布団カバーにしましょう。

南のラッキーカラーは「緑」です。
北は白、東は赤、西は黄です。

運気アップにぜひ使ってみてください(^^

東枕の効果・事象・意味 

  東は朝陽が昇る方位、太陽が昇る方角に頭を向けて眠る事によって、
  若さが保てますし、元気になって前向きな考え方になり、
  仕事運を発展・アップさせる効果があります。

  また、朝起きるのが苦手な、夜型の人は、朝日が昇ってくる
  東枕に寝ると早起きになるといわれています。

   東枕で眠る事によってやる気と向上心が出てきます。
   物事に前向きに、意欲的に取り組んでいけるようになりたい人にオススメです。

 西枕の効果・事象・意味

社交的になって、恋愛運や金運など全体的に安定させる効果があります。
西方位は、太陽が沈む方位、地球上のエネルギーが
沈む運気を受け取りますから、落ち着いて安定したいと考えるようになります。

だた、落ち着く代わりに安定志向が強くなったり、
夕方から、夜にかけての赤ちょうちんが灯る、
ホッとして一服?一杯という遊びの方位でもありますから
気持ちが浮わついて落ち着かず、趣味や楽しいことに気持ちが走ります。

40代前半までの仕事を優先させたい方には、おススメできません。

結局どの方角が1番良いの?

どの方角にも良いところがあるので難しいのですが、
寝るという行為にとって効果的なのは北枕か東枕です。

地球は東方向に地球が自転していますから、
その向きに頭を向ける事で回転の方向に逆らうことはなく、
若いうちは、生理的には東枕が自然で良いとなり、
50代や、60歳を過ぎたら、心身ともに安定した
西や北方位が良いと思います。

それに、日本は北半球にありますから北枕にして、
北を向くことによって、自転の遠心力が頭から
足に向かって健康に良いという説もあります。

どれも、科学的に証明されているというわけではないのですが、
東枕は若い人に、北枕や西は中年以降の方にオススメです。

けれど、「睡眠の質なんかよりも運勢が大切」
という方も当然いると思いますので、
枕の最適な方位はあなたが何を望んでいるかによって
それぞれ違うという事になりますね。

最後にまとめ

枕の方角は風水や九星気学を元にしていますから、
特に科学的な根拠があるわけではありません。

方位はどれがダメなんて気を使わないで、自分が寝やすい位置で
寝るのが良いのかなと私は思います。

それでは最後まで読んでいただきましてりがとうございました。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑