京都観光明日のイベント 大根焚 千本釈迦堂12月7・8日


千本釈迦堂(大報恩寺)・年中行事の「大根焚き」

2014年12月7日(日)・8日(月)10:00頃~

千本釈迦堂(大報恩寺)において、年中行事の「大根焚き」が行われ
参拝者に振舞われます。

スポンサードリンク

大根焚の由来

お釈迦さまが、菩提樹(ぼだいじゅ)の下で
悟りを開いた日(12月8日)にちなむ恒例行事。

鎌倉時代にの本釈迦堂(大報恩寺)三千世慈禅上人が大根の切り口に
梵字(ぼんじ)を書いて魔よけにしたのが起源とされていますが、
今では京の師走の風物詩となっています。

yjimage54KC9MSZ

梵字(ぼんじ)が書かれるのは、まるまると白く太った京野菜の聖護院大根。

白くなめらかな聖護院大根の一個一個に、
カラメルで梵字を書くのは、
お釈迦さまを偲んだものだそうです。

yjimaged

大根だきの大根

丸い聖護院大根を使っていましたが、
年々参拝者が多くなったことや、お祓いをして清めた畑に
新幹線が通って作れなくなったこともあって、
聖護院大根が用意できなくなり、現在は、長い大根を使っているそうです。

スポンサードリンク

昔からこの大根を食べると中風にかからないと言われ、
年をおうごとに、広く無病息災を願う、多くの人が参拝に訪れ、
賑やかな京都の年末の風物詩となっています。
yjimageだいこん

千本釈迦堂

船便釈迦堂の建物は、安貞元年(1227)の創建時からそのままの建物で、
京都市内(京洛)最古の木造建築物として国宝に指定されています。

本堂は国宝で、鎌倉時代の創建寺のままで、
京都の町が応仁の乱で焼け野原になっても、
この千本釈迦堂だけは焼け残ったという
京都でも有数の古い建築物なのです。


✩ 大根焚・イベント詳細

場所     千本釈迦堂(大報恩寺)
日時     2014年12月7日(日)・(月) 10:00頃~
住所     京都市上京区五辻通七本松東入溝前町 1305

駐車場    乗用車25台 バス6台

交通機関   市バス「上七軒」下車、徒歩約3分
       京都駅から京都市営バス50号系統「上七軒」下車

       四条河原町から京都市営バス10, 203号系統「上七軒」下車

       京阪三条から京都市営バス10号系統「上七軒」下車

拝観料 大人 500円 大学生・高校生 400円 中学生 300円 小人 300

料金 大根だき(供養料) 1,000円

お問合せ先 千本釈迦堂(大報恩寺) 075-461-5973
備考
大根だき授与 10:00~16:00(受付終了)

ちづ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする