二日酔いの正体は脱水症。就寝前の水分補給で予防できる。

12月に入って忘年会シーズンになると、お酒を飲む機会が多く
二日酔いに苦しむ人が少なくないということで、気になるのが二日酔い対策。

二日酔いの原因

頭はガンガン、胸はムカムカといった二日酔いの原因は、
アルコールが体内で分解される過程でできるアセトアルデヒドの
毒性によるものと説明されることが多い。

アセトアルデヒドは、さらに無害な酢酸に分解され、最終的には
水と二酸化炭素に分解されて体外に排出される。

しかし、最近の研究では二日酔いはアセトアルデヒドの血中濃度が
下がった後に起こるため、アセトアルドヒド原因説が揺らいでいる。

そこで浮上したのが脱水症説なのです。
アルコールには、利尿作用があります。
そのため、飲み始めるとトイレが近くなる。

そして、飲めば飲むほど尿がでて、体から水分が失われる。
脱水症は軽いものなら、喉の渇き、皮膚のかさつき、立ちくらみなどの
症状で済みますが、重症になると頭痛、吐き気、嘔吐(おうと)、
脱力感といった症状が表れる。

スポンサードリンク

二日酔いの症状と同じなのです。
二日酔いの原因が脱水症なら、
脱水症を予防することが二日酔いの予防になる。

脱水症の予防はどうするのか?

本来なら、酒を飲みながら水分を補給すればいいのですが、
お腹はふくれるし、酒をゆっくり味わえない。

そこで、就寝前に大量の水分を補給するのが良い。
脱水症は症状が出てから水分を補給しても回復するのに
時間がかかるため、就寝前に水分補給をする必要があります。

水より、スポーツドリンクの方が良い。

というのは、水を飲んでから二時間ほどで尿として排出されてしまいますが、
スポーツドリンクは六時間以上体内に保持されるからです。

尿と一緒に排出されるナトリウムやカリウムを補給する効果もあります。

水分補給・飲む量については、

水分を飲む量ですが、飲酒量にもよりますが、
少なくとも1リットル、できたら1・5から2リットル飲めば、
脱水症・二日酔いを免れることができます。

酔っ払って帰ったらそのまま、眠りたいでしょうが、二日酔いに
なりたくなければ、水分補給をわすれずに・・・。

スポンサードリンク