おせち料理とは?

正月に食べるお祝いの料理です。
漢字では「御節料理」(おせちりょうり)と書きます。
単に「おせち」ともいいます。

「おせち」とは本来、暦上の節句(節供)のことを指します。
その節句に作られる料理をおせち料理と呼んだのですが、
現在では節句の一番目にあたる正月の料理を
表す言葉として使われています。
.

おせち料理の由来

『おせち』を漢字で『御節』と書きます。
もともと『おせち』とは『節供(せっく)料理』の意味で、
一月一日の『元旦』、三月三日の『ひな祭り』・
五月五日の『端午の節句』・七月七日の『たなばた』
九月九日の『重陽』(ちょうよう)の日を5つの節供(節句とも書く)と言われ
五節供に供される料理なのです。

五節供の料理とは、平安時代のころからおこなわれていた朝廷の
『節日』に行われる行事『節会(せちえ)』で神様に供えたり、
食べたりしたご馳走の事で、そのご馳走を『御節供』(おせちく)といい、
それが後に『おせち』と略され、江戸時代に概略
今の正月料理を意味するようになったと言われています。

おせち料理を重箱につめ、重ねるのはなぜ?

おせち料理を重箱に詰めるのは、めでたい事を重ねる
という意味で、縁起をかついでいるのだそうです。
.

おせち料理に使われる素材が持つ、それぞれの意味。

おせち料理の重箱は何段重ね?何段目に何を詰める?

一昔は五段重が正式だったようです。
でも、地方や家風によって、最近は夫婦と子供だけの
大家族は好きなくなって、簡便な三段重が主流になっています。

✩ 四・五段重の場合

一の重: 「祝い肴(ざかな)」黒豆、数の子、ごまめなど。
二の重: 「口取り」きんとんやかまぼこなど、甘いものが中心。
(お酒を飲まない女性や子供用)
三の重:「焼き物」海の幸など。
与の重:「煮物」(四は忌み数字で使用しない)山の幸など。
五の重:五の重は控えの重で、空のままにしている場合が多いようです。

空にしているのは、現在が満杯(最高)の状態ではなく
将来、さらに繁栄し、富が増える余地があると、
空間が用意されているのだそうです。

✩三段重の場合
一の重:「祝い肴(ざかな)」「口取り」
お屠蘇をくみかわす時に祝う肴を盛り合わせます。
黒豆、栗きんとん、昆布巻き、伊達巻、田作り(ごまめ)、かまぼこ、など。
お酒が飲めない子供たちのための甘い料理が中心になります。

二の重:「酢の物」「焼き物」
酢の物を盛るのが正式な詰め方です。
現在は、おせちのなかでもごちそうとされる焼きものも盛るようになりました。
なます、酢だこ、数の子、酢れんこん、なると巻き、
ぶり・鮭の焼き物、たたきごぼう(酢ごぼう)などを盛ります。

三の重:「煮物」
おせち料理は、季節の野菜を煮た、煮しめが始まりと言われ、
三の重には、筑前煮、野菜の煮しめなど季節の野菜を
ふんだんに使った野菜の煮物を盛り付けます。

祝い肴三種とは?
正月の祝に欠かせない三種類の料理で、祝い肴と餅があれば、
最低限の正月の祝いができるといわれています。

逆に、どんなに贅沢な料理を用意しても、祝い肴がないと
正月の祝い膳の体裁が整わないことになり、
「三つ肴」「三種肴」とも言われています。

関東と関西では、三つ肴」「三種肴」の料理は、違うようです。
.

関東風の肴三種とは?

数の子は鰊(にしん)の卵で、卵の数が多いことから
子孫繁栄を願う縁起物として供されました。

黒豆
黒い色には魔よけの力が有ると信じられていて、
まめ(健康)で、まめ(勤勉)に働けるようにとのことです。

田作り
田作りは、別名ごまめ(五万米)とも呼ばれ、片口イワシの稚魚を干したものを
醤油ベースで甘辛く味付けしたもので、田畑の高級肥料として片口イワシが使われていた
(イワシを肥料とすると米が豊作となった)事から豊作を願てのこと。

スポンサードリンク

関西風の肴三種

数の子
黒豆
たたき牛蒡(ごぼう)
形や色が豊作のときに飛んでくると伝えられている
黒い瑞鳥(たんちょう)に似ている事から豊作を願いました。
瑞鳥(めでたいことの起こる前兆とされる鳥)

おせち料理は日持ちする献立が多い理由

正月三が日は、一年中、食事を休むことなくつくる女性に
ゆっくりしてもらおうということと、
「神様をお迎えした新年に、台所を騒がせてはならない」とか
「火の神である荒神を怒らせないために、正月は台所で火を使わない」
という平安時代からの風習なんだそうです。

お正月のおせち料理は、台所の神様と女性に配慮された風習のようです。

.

おせち料理に入っている料理や素材の意味、由来

あと、数の子、黒豆、田作り、たたき牛蒡以外のおせち料理には、
どんなものがあって、どんな言われで採り入れられたのでしょうか?

海老

海老は腰が曲がるまで丈夫で長生きという長寿を願ってのこと、
赤い色は魔よけの色とも考えられていました、。
また、きれいな晴れやかな朱色が祝肴に使われる理由とも言われます。

鯛(たい)

鯛は、祝い事の定番の縁起物で、”めでたい”となります。

鰤(ぶり)の焼き物

鰤は 成長に伴って出世するように名前が変わる、
たとえば関西では、ツバス → ハマチ → メジロ → ブリというように
変わっていくことから、出世を願ったもの。

昆布(昆布巻き)
”よろこぶ”という言葉の語呂合わせのようです。

トコブシ

節句の神饌の一つ。
別名「フクダメ」。福がいつまでもとどまってくれる事を願って。

紅白かまぼこ

半円形は日の出に似ていることから新年の門出にふさわしいと。
紅は魔よけ、白は清浄を表します。

伊達巻き

「伊達」の由来は、伊達政宗の派手・華やかなことが好きに由来することの他、
見た目の豪華さで定番となる。
巻物の形は書物に似ているとして、学問や習い事の成就を願って。

錦たまご

おめでたい、豪華な錦と、卵の白味と黄味をわけて、
ニ色でつくった料理の二色(ニシキ)との語呂合わせ。

栗きんとん(栗金団)

きんとんは「金団」と書き、その色から黄金にみたてて財産を現し、
富を得る縁起物とされている。
今年も豊かでありますようにという願いをこめて。

かち栗
勝負に勝つという意味で縁起が良いとされる。

八ツ頭
小芋がたくさんつくことから、子宝、子孫繁栄を願って。
また、漢字の八に「末広がり」の意味をかけて。

里芋
里芋は子芋がたくさん付くことから、子宝に恵まれますようにと願って。
(八つ頭を使うとサトイモは使わない、どちらか一方のところが多い)
蓮根
孔が空いていることから遠くが見えるように先見性のある一年を祈願。
他にもれんこんには種が多いことから「多産」という意味もあり、
縁起がよいとされている。

くわい
大きな芽が出ることから「めでたい」、芽が出る=出世を願って。

金平ごぼう(きんぴらごぼう)
怪力無双の豪傑の坂田金平*にちなんで強さや丈夫さを願って。
*坂田金平と金平ごぼうの余談
*金平ごぼうは江戸初期に誕生したごぼう料理ですが、当時、
金太郎で有名な坂田の金時の息子といわれる坂田金平(きんぴら)の
お多福豆
幸福にすごせますようにと、願って。

紅白なます
お祝に使う、水引きをあらわす、平和を願う縁起物。

橙(ダイダイ)
子孫が代々に通じて、繁栄するように。

ナマコ
ナマコは、形が俵に似ている事から俵子との異名もあって、豊作を願って。

元旦のおせち料理には、それぞれの料理に、子孫繁栄や豊作、長寿など、
様々な願いを祈っってつくられたものが多いのですね。
1つ1つの料理にこめられた願いをかみしめながらおせち料理を頂きたいと思います。

スポンサードリンク